借金の時効とは何か※債務整理とは何か

借金の時効について



借金を返済できなくてもうどこからも借りる事ができなくなってしまったり、毎日督促の電話がかかってきて電話が鳴るたびに胸が締め付けられるように苦しくなる日々から逃れたい一心で、借金を踏み倒して夜逃げを考える人もいます。
もう他に自分が助かる方法はないと思いつめてしまうのですね。でも夜逃げをすると、その後の生活が大変です。経歴を隠して仕事を探さなくてはいけませんし、病院にかかる時も保険証がないので高い治療費を払わなくてはいけません。夜逃げをすると今までお付き合いのあった近所の人にもその事が知られてしまうので、二度と戻る事はできなくなります。
借金の時効とは、借金から5年以上経過していれば借金を返さなくてもいい可能性があるという制度ですが、それを狙って逃げ続けても、その期間苦しみは続きます。
思いつめて行動するまえに、弁護士に相談してみる事が大切です。なぜなら毎月の返済額を減らす事ができたり、借金そのものを無くす事ができるからです。そのために財産の多くを失う事もありますが、毎日の生活に支障がない程度にはお金や家財道具を手元に残す事ができます。家族そろって借金の事を考えずに暮らしていく事ができるのです。
相談するのにお金がいるのではないかと心配することはありません。借金の相談を無料で受け付けている弁護士事務所は沢山あります。特に債務問題に詳しい弁護士がいるところに相談するのが良い方法です。

 

債務整理2回目はこちら。