債務整理相談は法テラスで?

 

最近、現在の日本司法支援センターである法テラスに対して、直接借金問題や弁護士費用の悩みに関する相談を持ちかけてくる人が急増しています。
実は法テラスは、債務整理を行う際に必要な資金を用意できない人達のために、無料相談や弁護士費用の一時的な貸し出しを行っています。
このシステムを民事法律扶助制度と呼んでおり、弁護士費用がすぐに調達できない時は、法テラスを利用するように古くから推奨されているのです。

 

法テラスで債務整理のメリット・デメリット

独立行政法人などは敷居が低いのがメリットです。
ただ法テラスの費用扶助を受けるには、こと細かな条件をクリアする必要があり、僅かな資力しかなく、生活していけるギリギリの月収の稼ぎに留まる人に対してのみ融資を許可していますので、それがメリットになる人もいればデメリットになる人もいるでしょう。
また法テラスは無料相談を随時行ってはいますが、回数に制限があり、3回までしか同一の案件の相談ができないようになっています。
そして、必ずしも債務者自身の性格に合致し、希望通りに債務整理を進めてくれる弁護士・司法書士探しには消極的な姿勢を持つデメリット面があります。

 

債務整理の無料相談はこちらがおすすめ

その点、弁護士事務所の無料相談は、相談者の都合に合わせて面談のセッティングを行い、時間や費用を気にせずに悩みを打ち明けられます。
また弁護士事務所には、債務問題に強いスタッフが複数在籍しているので、独立行政法人などが即席でおすすめする弁護士などよりも経験・実績が豊富です。
心配の弁護士費用も、一部の弁護士事務所を除いては、大半の事務所が後払いや分割支払に快く応じてくれます。
ですから、弁護士事務所の無料相談を活用すると借金解決に至るまでの時間が早くなり、効率的に債務整理を始めることができます。

 

 


⇒樋口総合法律事務所に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-288-394

 


⇒RESTA法律事務所に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-501-605

 

債務整理、いきなり専門家に相談するのはちょっと不安…

独立行政法人などへの相談を選ぶ方は前述のように、ハードルの低さを求めておられるのではないかと思います。
そんな方にはこちらがおすすめ。


⇒匿名で無料診断してみる

 

名前、住所など個人を特定する情報は必要ナシの簡易無料診断です。
簡単な設問で自分に向いている債務整理方法を診断してくれるので、債務整理をするか迷っておられる方にはいいかもしれません。

 

債務整理は早めの相談が鍵です。
相談を迷っている方も、まずは今すぐできるこのシミュレーターを活用してみてはいかがでしょうか。

 

債務整理ー借金返済するために必要なことー

 

 

>>個人再生デメリット