債務整理のデメリットについて※債務整理とは何か

債務整理のデメリット



債務整理とは借金を減額して重い金利負担から解放せれる手続きです。借金が減ると少しは生活が楽になるメリットが得られますが、何事もデメリットがつきものです。
債務整理には、任意整理・自己破産・個人再生の3種類があります。どれも借金の額が減ることは同じですが、デメリットに違いがあります。
任意整理は借金を減額し、3~5年かけて支払っていく制度です。官報に載ることはありません。任意整理をするとブラックリストに載ってしまうので、今後新たな借り入れができなくなります。5~10年するとブラックリストから情報が削除されるので、それ以後は借り入れができます。自己破産のように全額が免除される制度ではありません。少しずつでも返していかなければなりません。
自己破産は借金がゼロになる制度です。自己破産も任意整理と同じようにブラックリストに載ります。10年くらいは借り入れができません。家や車などの財産を手放さなければならないこともあります。官報に載ってしまいます。
個人再生は住宅などの財産を手放す必要がなく、借金の額を大幅に減額できる制度です。個人再生でもブラックリストに載るので10年くらいは借り入れができません。自己破産と同じで官報に載ります。任意整理は一部の債権者を除外して交渉できるのですが、個人再生は除外することができません。債務整理の中では一番手続きが複雑なため、時間と費用がかかります。

煩雑な手続と長く続く心労を少しでも軽減するために、債務整理は弁護士に相談することをおすすめします。
下記事務所はメール・電話での相談が無料で、債務整理について親身に相談にのってくれます。


⇒樋口総合法律事務所に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-288-394

 


⇒RESTA法律事務所に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-501-605

 

債務整理ー借金返済するために必要なことー