自己破産とは何か※債務整理するとどうなる?

自己破産とは何か



債務整理には、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つの方法があります。
中でも自己破産は、「免責」が認められると、借金がすべて帳消しになるという点で他の債務整理とは大きく区別できます。任意整理と特定調停は、借金の減額、利息制限法による利息の再計算とその結果の返還請求(特定調停では返還請求は行いません)、月々の返済額の減額を見込むものであり、個人再生は、借金の一部分を原則3年以内に支払い、残りを免除してもらう手続きです。これらの債務整理では、すべての債務から解放されるという事がありません。
自己破産以外の債務整理では、借金の一部を支払う必要があるので、債務者に生活費にプラスした返済可能な収入がないと利用できません。それに比べ、自己破産では、「免責」により借金のすべての支払いを免除されるので、収入のない人にも有効な手段と言えるでしょう。
ただし、自己破産で「免責」を得るには、破産宣告後の免責申立てが必要です。そこで「免責」が認められてはじめて債務から解放されるのです。また、財産がある場合は処分しなければならず、数年間はカードやローンの利用が制限されるなど、デメリットもありますので、どの債務整理を利用するかは、弁護士に相談し慎重に決定するのがよいでしょう。自己破産相談、任意整理相談、個人再生相談などに対応している法律事務所をおすすめします。


⇒RESTA法律事務所に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-501-605

 

債務整理ー借金返済するために必要なことー