債務整理とは何か

多額の債務を抱えてしまい返済に悩んでいる方でも債務整理を行えば解決することができます。
債務整理は債務が減額される任意整理手続きと、債務が大幅に免除される個人再生手続き、債務がすべて免除される自己破産手続きがあります。
任意整理では利息制限法に基づいて利息を再計算し債務を減額、将来利息のカットや3年から5年の分割返済を認めてもらえます。
裁判所を通さないので手続きは比較的簡単ですが、債権者に任意整理を応じてくれるように交渉する必要があります。
個人再生では原則債務が5分の1までに減額されて、3年から5年の分割返済を行います。
任意整理より債務の減額が大きい、自己破産と違い住宅は残したまま債務整理ができるというメリットがあります。
再生計画を作成して裁判所に提出しますので、手続きは難しくなっています。

 

債務整理するとどうなる?

債務整理というのは、どんな多額の借金でも減額または利息をナシにした上で、返済期間を延ばして弁済できる特例措置です。
また債務整理は、自分1人で必ずしも手続きをこなす必要がなく、借金問題のプロである弁護士や司法書士に委任する事で、裁判所などの手続き全般も一通り代行してもらえるのです。
更に債務整理を弁護士が受任した時点で、債務者は借金残額の返済義務を負う必要がなくなり、債権者からの厳しい請求も停止できるのです。
債務整理を早急に行う事で、債務者は借金苦から早く解放されると同時に、それ相応のデメリットを負わなければなりません。
全ての債務整理の手段において共通するデメリット面が、最低5~7年間はブラックリストと称される信用情報機関に名前が掲載され、銀行や消費者金融で新たなキャッシングができなくなります。
もちろん、クレジットカードも同様で、使用中であれば利用停止になるか新しいカードは作れなくなります。
特に自己破産の場合は、借金全額が返済免除になるメリットがある反面、所有している不動産や車、高価値の財産は全て債権者に分け与える義務が生じます。
また破産の免責を得る事で、債務者自身は借金の返済が免れますが、その代償として保証人や家族が代理で借金を負う事になるので多大な迷惑を掛けてしまいます。
また個人再生や任意整理は完全な借金清算型の債務整理ではないので、きっちり3年間は働く事を条件に、その収入で減額済の借金を返す義務が新たに課せられます。
ちなみに個人再生は自己破産に次いで、借金の免除率が高い債務整理の方法ですが、住宅ローンは減額対象外なので、その他の債務返済もきっちり3年間遂行していく能力が必要です。
どの債務整理も一長一短ありますが、どの方法で借金を解決するかは、個人の性格や収入状況を考慮して、客観的に弁護士から助言を貰うのが適切な方法です。
そのための無料相談会が、弁護士事務所で頻繁に行われているので、深刻な借金を抱えている場合は、すぐに相談予約を入れる事が肝心です。

 


⇒RESTA法律事務所に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-501-605

 


⇒樋口総合法律事務所に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-288-394

 

債務整理、いきなり専門家に相談するのはちょっと不安…

そんな方にはこちらをおすすめします。


⇒匿名で無料診断してみる

 

名前、住所など個人を特定する情報は必要ナシの簡易無料診断です。
簡単な設問で自分に向いている債務整理方法を診断してくれるので、債務整理をするか迷っておられる方にはいいかもしれません。

 

債務整理は早めの相談が鍵です。
相談を迷っている方も、まずは今すぐできるこのシミュレーターを活用してみてはいかがでしょうか。

更新履歴